レポ★タロットの大アルカナと共に学ぶ「生命の木」3の7回目パス12「魔術師」2022/3/23

【第3弾】1回目パス18「戦車」2回目パス17「恋人たち」3回目パス16「司祭」4回目パス15「皇帝」5回目パス14「女帝」6回目パス13「女司祭」

今回はパス12「魔術師」に入る前に、前回のパス13のヘブライ文字ギメルから。これは「ラクダ」って意味なんですね。渡るのが難しいパスを砂漠の旅に例えてるんだそうです。

トート・タロットの女司祭にはラクダがいますね

「私って何なのか?」

お腹が空いてるときに食べ物を見たら「食べたいな」と思う、この段階では自動で反応してるだけだけど、「今、私はこれを食べたいという欲望をもってるな」とメタにみるのがティファレトですよね。そう気づいてる私って何?これが本当の私?

もっと下のパス20「隠者」のあたりでも自分探しがありました。今に満足してないから「本当の自分」を見つけようとしちゃう。でも「本当の自分」なんかない、いろんなことをやってるうちに浮かび上がってくるよ、と。

それがこのパスまで上がってくると、幻想としての「本当の自分探し」どころか、私の「本質」とは何なのか?という疑問が出てくる。

先日、15年ぶりくらいに昔の知り合いに会って「ぜんぜん変わってないですね」みたいな会話をしたばかりですが、いやいや、変わってますよね。見た目だって年相応に変化してるし、仕事上での立場も変わったんだから。でも話したら「変わってないね」て言いたくなる何かがある。それが本質?

このへんのお話は難しくてまだ消化できてないんですが、個人的に思いだしたスピノザの話を書きます。

古代ギリシャの哲学は本質を「形」として捉えていた、でも17世紀のスピノザという哲学者は、各個体が持っている「力」を本質だとした。たとえば馬。「形」でみれば農耕馬も競走馬も同じ馬、だけど農耕馬と競走馬では使う「力」が違う。ゆっくり耕す農耕馬は、速く走る競走馬よりも、農耕牛に近いのでは?

スピノザは、どんな性質の「力」を持ったものが、どのような場所・環境に生きてるか、具体的に考えるのが大事、と生態学的に見ていた。人間なら手足は2本ずつ、自由に動かせる範囲も決まってる、与えられた条件を超えることはできないけど、その中で自分の力をうまく発揮できるようにしていく。

セフィラー3の側の「形」と2の側の「力」。絶対的な世界があるんじゃなくて、人や虫や犬や、その身体に応じて世界が立ち現れてくる。私に何ができるのか?は下に降りていって実現する。などのお話を聞いて思い起こされたことでした。ほかにも…長くなるから止めます。

今回のパス11はセフィラー3と1を結ぶもの。3側の柱は、8思考からあがってきて3で知性の限界に至りました。なんで世界はこうなってるかはわからない、でも現に世界はこうある。そしてこの世界には超えられない枠組みがある。時空を超えられるとするのは「魔術師」の願望?!

次回はついに最後のパス11と「愚者」です。上のほうのパス3本をまとめていただけるそうです。

最終回もどうぞよろしくお願いします。

タロットの大アルカナと共に学ぶ「生命の木」

【第3弾】深淵の上まで―パス18〜11,タロット「戦車」から「愚者」

講師:伊泉龍一先生
次回4/6
20時〜21時(1回1時間)
受講料1回¥3,000

お申込みはこちら

伊泉龍一先生の生命の木講座◆タロットの大アルカナと共に学ぶ「生命の木」パス18〜11
伊泉龍一先生の生命の木講座です。生命の木のパスぜんぶを、タロットの大アルカナの絵やヘブライ文字との対応も含めて、じっくりと説明あります。第3弾は深淵の上まで、パス18〜11,タロット「戦車」から「愚者」です。

終わった回も録画受講できます

  • 1回目:パス18/タロット戦車
  • 2回目:パス17/タロット恋人たち
  • 3回目:パス16/タロット司祭
  • 4回目:パス15/タロット皇帝
  • 5回目:パス14/タロット女帝
  • 6回目:パス13/タロット女司祭
  • 7回目:パス12/タロット魔術師
【第1弾】【第2弾】はこちら

【第一弾】マルクトからヴェールを抜けるまで
パス32〜24、タロット「世界」〜「死」

【第2弾】ヴェールの上から深淵の下まで
パス23〜19、タロット「吊るされた男」〜「力」

コメント

タイトルとURLをコピーしました