レポ★タロットの大アルカナと共に学ぶ「生命の木」3の3回目パス16「司祭」2022/1/26

【第3弾】1回目パス18「戦車」2回目パス17「恋人たち」

これまで「客観的な真実はない」「絶対的なものはない」「これが正しいはない」と聴いてきて、ともすると「何でもありなの?」と勘違いしそうなところ、「いやいや、そうじゃないよ」と初めて”倫理”が登場するのが今回のパス16。

「司祭」は「良心」のカード

良心とは?

この絵だと、宗教者に教わる「これがいいこと/悪いこと」を信じてやりなさいってこと?違うんですね、心のうちから湧いてくるもの。

「自分の心に聞いてみなさい」「悪いなと思ったらやめろ」

お話を聞いてて浮かんだのは”良心的兵役拒否”。昔仲良くしてたスイスの人が拒否してたんですが、兵役を拒むのは罪であり、社会的制裁も受けるようでした。「それでも銃を撃ちたくない。自分にはできない」と言ってたことを思い出しました。

それをしたら損か得かじゃないんですね。天秤にかける、法に従う「正義」とは違うとこにあるのが「良心」かな。

目の前で誰かが倒れていたら手を差しのべてしまう、この人はいい人だから助けるとか見返りとか考えない、意味や理由をふっとばす力に動かされる。

この木は”生命”の木。生命が奪われるのは見過ごせない。これも”私に先立ってある”ものでしょうか。

(ご受講の皆さまに好評のこのパネルは占いアカデミー様が作成されたのをお借りしています)

深淵を渡るパスの一つとして、このパス16で”私に先立ってある”ものは、初期条件、変えられないものがあるということ。

いつどこでどんなふうに生まれてくるか、誰も選べません。裕福な国に生まれるか、紛争地域に生まれるかでは雲泥の差。どんな環境でも努力すればいいっていう人がいるけど、じゃあ遺伝子レベルで決まっていることはどうなる?自分でどうにも変えられないものはありますよね。

自分で選んでない、変えられないからこそ、もし自分が恵まれていたら、そうじゃない人に負い目を感じる、それが良心の起源だとか。

たまたまこう生まれただけで、もしかしたら自分があぁだったかもしれない、そう思ったら相互扶助の気持ちが芽生えてくるか。

でも定められたものがある、というと可能性より制限みたい。このパスは4ケセド(木星:可能性)の側なのに?

特定の条件あるから可能性があるんだそうです。他の誰でもない私だけの固有性をどういかすか?変えられないことを嘆くより、その条件のもとでどう生きるかに向かうべし。

同じセフィラー4ケセドから下にいくとパス20「隠者」。ここは「私にはまだまだ可能性がある」「今と違う自分になれる」てパスでした。あらかじめ決まってないのだから、スフィンクスの謎に答えを見つけようとせずに、生命力を自由に動かせるといいんでしょうね。

さて次回はパス15「皇帝」、前もってちょっとお話いただきました。ここは、私たちを動かす前提となっている力。生命の力。ダイナミックなイメージじゃないですか?2/9をお楽しみに。

個人的には、木の右側の上のほうのパスはスピノザっぽい気がしています。記憶があやしいから、もう一回読み直してみよう

タロットの大アルカナと共に学ぶ「生命の木」

【第3弾】深淵の上まで

【第3弾】はパス18〜11,タロット「戦車」から「愚者」です。

講師:伊泉龍一先生
次回2/9、以降2/23, 3/9, 3/23(もう一回あるかもです)
20時〜21時(1回1時間)
受講料1回¥3,000

お申込みはこちら

伊泉龍一先生の生命の木講座◆タロットの大アルカナと共に学ぶ「生命の木」パス18〜11
伊泉龍一先生の生命の木講座です。生命の木のパスぜんぶを、タロットの大アルカナの絵やヘブライ文字との対応も含めて、じっくりと説明あります。第3弾は深淵の上まで、パス18〜11,タロット「戦車」から「愚者」です。

終わった回も録画受講できます

  • 1回目:パス18/タロット戦車
  • 2回目:パス17/タロット恋人たち
  • 3回目:パス16/タロット司祭
【第1弾】【第2弾】はこちら

【第一弾】マルクトからヴェールを抜けるまで
パス32〜24、タロット「世界」〜「死」

【第2弾】ヴェールの上から深淵の下まで
パス23〜19、タロット「吊るされた男」〜「力」

参考図書

コメント

タイトルとURLをコピーしました