伊泉先生講座で出てきた用語・人名など

伊泉先生のさまざまな講座の中では、哲学、科学、心理学などの、人名・用語、たくさん出てきますね。

この1〜2年に聞いたののメモです。リンクが付いてるのはAmazonの本にとびます。

ふわっと50音順

アルベルト・アインシュタイン「場の理論」

アドホック

アナロジー

アプリオリ

アラン・オーケン:占星術本「Alan Oken’s Complete Astrology: The Classic Guide to Modern Astrology (English Edition)

アラン・レオ:現代占星術の父、本「Symbolism and Astrology: An Introduction to Esoteric Astrology (English Edition)

アリストテレスの宇宙論(天動説)

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド「西洋の哲学史はプラトンの注釈に過ぎない」

アルベール・カミュ:実存主義、本「異邦人 (新潮文庫)

アレイスター・クロウリー「セレマ」

アンリ・コルバン「イマジナル」

アンリ・バルビュス:本「地獄 (岩波文庫 赤 561-1)」実存主義

アンリ=ルイ・ベルクソン(GDのメイザースの妻はベルクソンの妹)

イアン・ハッキング:本「記憶を書きかえる―多重人格と心のメカニズム

イマヌエル・カント「物自体」「現象界」「アプリオリ」

エーリッヒ・ノイマン:本「意識の起源史

エトムント・グスタフ・アルブレヒト・フッサール「現象学」

エドワード・サイード:本「オリエンタリズム 上 (平凡社ライブラリー)

エリファス・レヴィ「マジカル・カバラ」近代カバラ

エリザベス・キューブラー=ロス「死の受容のプロセス」死ぬ瞬間 死とその過程について (中公文庫)

オリバー・サックス:本「妻を帽子とまちがえた男 (ハヤカワ文庫NF)

カオス理論

カール・グスタフ・ユング「投影」「元型アーキタイプ」「個性化」「集合的無意識」「シンクロニシティ」

カール・ケレーニー「神話の類型」

カール・フォン・リンネ「植物分類学」

カール・ポパー「科学の必要条件は反証の可能性」

カール・マルクス「宗教は人民のアヘンになる」

共同幻想

グノーシス主義

ケン・ウィルバー:本「アートマンプロジェクト―精神発達のトランスパーソナル理論

コレスポンデンス照応

ジークムント・フロイト「エディプス・コンプレックス」「抑圧」「id」

ジェームス・フレイザー:本「初版 金枝篇 上 (ちくま学芸文庫)

ジェーン・ロバーツ「セスは語る

ジャック=マリー=エミール・ラカン「抑圧されたものを言語化する必要」

シャーリー・マクレーン「アウト・オン・ア・リム

ジャック・ケルアック:ビート・ジェネレーションの作家、オン・ザ・ロード (河出文庫)

ジャン・ピアジェ「発達心理学」「自他未分化」

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル:実存主義、本「嘔吐 新訳

ジュディス・バトラー「フェミニズム」

ジョージ・バークリー「存在することは知覚されることである」

ジョルジュ・バタイユ「死とエロティシズム」

ジョルジュ・ミノワ:本「無神論の歴史 上・下: 始原から今日にいたるヨーロッパ世界の信仰を持たざる人々 (叢書・ウニベルシタス)

ジョン・ボードリー・ロールズ「無知のベール」

ソクラテス「ソフィストとの対話」

デーン・ルディア:ヒューマニスティック占星術、Astrology of Personality: A Re-formulation of Astrological Concepts and Ideals, in Terms of Contemporary Psychology and Philosophy (English Edition)

デイヴィッド・ヒューム「イギリス経験論」

テリー・イーグルトン:本「文学とは何か (上)-現代批評理論への招待 文学とは何か-現代批評理論への招待 (岩波文庫)」「文学とは何か――現代批評理論への招待(下) (岩波文庫)

チャールズ・ダーウィン「進化論」

トートロジー

トランスパーソナル心理学(アブラハム・マズローなど)

トマス・クーン「パラダイム」

ナーガルジュナ「空」理論

ハイアーセルフ

ハロルド・ブルーム:本「カバラと批評」

パトリック・ハープール:本「Daimonic Reality: A Field Guide to the Otherworld (Arkana S.)

ハワード・サスポータス:心理占星術のハウス、本「The Twelve Houses: Exploring the Houses of the Horoscope (English Edition)

ハンナ・アーレント:本「全体主義の起原1 新版――反ユダヤ主義 全体主義の起原 新版

ピエール・ブルデュー「ハビトゥス」ディスタンクシオン〈普及版〉I 〔社会的判断力批判〕 (ブルデュー・ライブラリー)

ピコ・デラ・ミランドラ「キリスト教カバラ」

ビッグバン理論

ヒプノセラピー(催眠)

ヒューマニスティック心理学

フェルディナン・ド・ソシュール「シニフィエ」「シニフィアン」

フョードル・ドストエフスキー:本「地下室の手記(新潮文庫)」実存主義

プラグマティック(実用的、実際的)

プラトン「イデア論」「エロス」「洞窟の中で影絵を見ている人」「プラトニックラブ」

フランツ・アントン・メスメル「メスメリズム」

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ「ルサンチマン」「永遠回帰」「デュオニソス」

ヘルメス思想

ヘレナ・P・ブラヴァツキー「神智学」

ポール・ファイヤアーベント科学哲学

マインドフルネス

マリア・ギンブタス:フェミニズム的考古学者、本「古ヨーロッパの神々

マルセル・プルースト「失われた時を求めて 1~第一篇「スワン家のほうへI」~ (光文社古典新訳文庫)

マルティン・ハイデガー「道具連関」「被投性」「世界内存在」

ミーイズム

ミシェル・フーコー「エピステーメー」「監獄の誕生」「狂気の歴史」「自己規律」

ミルチャ・エリアーデ「構造化」「聖なるもの/俗なるもの」

メアリー・ダグラス:構造主義的文化人類学者

モーリス・メルロ・ポンティ「身体」

ヤーコプ・ヨハン・バロン・フォン・ユクスキュル「環世界」生物から見た世界 (岩波文庫)

ユルゲン・ハーバーマス「コミュニケーション論」

リチャード・ローティ「相対主義」

ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ(人間の欲望に応じて神は姿を変える)

ルネ・デカルト「方法的還元」

レヴィ・ストロース「婚姻関係の法則」

コメント

タイトルとURLをコピーしました