レポ◆カバラの生命の木から学ぶウェイト版タロット4回目「女帝」2020/6/24

初回「愚者」2回目「魔術師」3回目「女司祭」

4回目の今回は「女司祭」のおさらいからの「女帝」。

生命の木は、生命誕生のプロセスを表す図。愚者に始まり、マジシャン、女司祭、女帝へ、生命がどう形づくられていくかという、今までの3回を整理するような内容ではなかったでしょうか。

物理的な身体を持って生まれても、「私」っていう意識とか、他の誰でもない固有性っていうのは、はじめっからあるわけじゃないですね。今こうして発達心理学のお話を聞けば、そりゃそうだよなって思うんですが、ふだんは考えてなかったです。

だからかな、あげられた問い「私って何なんだろう?」「なんで生きてるんだろう?」こういうのはもう、子どもの頃から数え切れないほど思ってて、そんな私にはセラピーみたいな回でしたわ(完全に個人的な感想ですいません)

話戻して、

女司祭

「女司祭」は1ケテルと6ティファレトを結ぶパス、前回は1→6のほうでお話いただきましたけど、今回6にスポットを当て、6の下の7,8,10(ふだん使っている部分)との関連から、まず6に意識を向けてみるってことをしたら、なんかイメージできそうな気がしてきました。

そして「女帝」の前には「女司祭」がなくてはならないっていうのがわかりました。

ここから何が育っていくのかは、生命の木の下のほうのお話ということで、この先も楽しみです。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。

あ、伊泉先生がおっしゃってましたように、占いメインで聴きたい方には、マルセイユ版の講座をまず聞いていただくのが、おすすめです→基礎からしっかり学べるタロット(大アルカナ編)

ウェイト版は次回7/8です。また再来週お会いしましょう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: online_wait.jpg

カバラの生命の木から学ぶ「ウェイト版」タロット

毎回夜8時~9時
受講料1回¥3,000

この先の予定

  • 7/8,7/22
  • 8/5、8/19
  • 9/2、9/16

どの回からでも、気になるカードのときだけでもご参加できます。リアルタイムがご都合悪い方は、あとで録画受講もOKです


雑談で話題に出てた、デビッド・ボウイのスターマンタロットってこれかしら?

あと、本人手書きのタロットは、夢然堂さまのTweetで拝見したことがあります。絵かわいい、色も好き。

コメント

タイトルとURLをコピーしました