読みたい本

脳と人工知能をつないだら、人間の能力はどこまで拡張できるのか 脳AI融合の最前線

タイトルだけでも鷲掴みにされるけど、試し読みをみたら、先日聴いた生命の木「戦車」のパスの「制限」が揺らぐよう。

人間は、自動車や飛行機、インターネットなど、自分たちの身体能力を超えるツールを作って生活様式を変えてきた。でも人間の能力そのものが劇的にアップしたんじゃない。「身体」という物理的制限から完全に解放されることはなかった。

が、バイオハッキングやトランスヒューマンといった身体改造技術を使えば、身体による縛りから解き放たれる。不老不死や体の乗り捨てなどなど、人間の意味や価値が変わりつつある時代。

天王星講座で出てきた話も思い起こされます。科学はどこまでやっていいのか…

脳と人工知能をつないで「脳を改造」したら、何が起こるのか?

・会話せずに相手に思っていることを伝えられる
・念じるだけでインターネット検索ができる
・睡眠を司る脳領域を刺激して、一瞬で深い眠りについたり目覚めたりできる
・食欲を司る脳領域を刺激して、苦労せずにダイエットできる
・アインシュタインなど過去の偉人の“脳”を借りられる
・コンピュータ上に自分の脳を再現できる

Amazonの紹介文より一部抜粋

読みたい!

もうひとつ読みたい本、伊泉先生が翻訳されてたロックの本も、もう書影が出てますね。

もとの本と同じ画像で文字だけ日本語なんだー

占い本じゃないからここでご紹介するのもあれだけど、私は楽しみで。1/31発売予定、Amazonはまだ予約できませんが、ほかの通販サイトはもう受付してるみたいですね

↓はhontoのリンクです

シーズン・オブ・ザ・ウィッチ いかにしてオカルトはロックンロールを救ったのか

1月初めに出るというルノルマン本はまだ見当たらないですが、伊泉先生の最後の占い本。楽しみですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました