占星術

占星術

12/9射手座2回目★伊泉龍一先生『神話で読み解く12星座の物語』

2回目は、現代の射手座ルーラー木星のゼウス神、古代の射手座のルーラー:狩りの女神アルテミス、炉の女神ヘスティア(小惑星ベスタ)と射手座の関連をみていきます
オンライン

レポ★伊泉龍一先生の現代占星術の基礎「12星座」編2回目2022/12/2

2回目は12星座を理解する基本、3つの分類方法(ポラリティ,モダリティ,クオリティ)の紹介でした。いよいよ次回12/16から、各星座の解説に入るみたいです。
オンライン

伊泉先生の12星座解説(受講料フリーのほう)2回目zoomは12/2朝

2回目は、12星座のイメージはどう生まれたのか、なぜそういう性格って言われるのか、星座の性格がいつできたのか、などのお話になりそうです。zoom開催は12/2の朝11時から。ご都合が合えばライブでお聞きください
占星術

南半球ではホロスコープの星座が時計回りになりますか?

新刊情報から偶然みつけたこの本、占星術本ではなくてミステリー小説なのですが、タイトル『ルミナリーズ』、表紙にホロスコープ、思わず目がとまりました。皆さんこのホロスコープに違和感ないですか?12サインが時計回りに配置されてるんですよ。
オンライン

レポ『神話で読み解く占星術の12星座の物語』射手座(1)2022/11/25

テキストでは、射手座のルーラー木星の神ゼウスより前に、ケイローン(カイロン)から説明しています。洞窟にこもって思索した隠者タイプのケイローンは哲学のサインと言われる射手座に合いますね
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました