未来はわからない

占いの講座でさんざん聴いてきた言葉が、これほどリアルに感じられる日がくるとは、ほんとにもう。

欧米ではロックダウンとともに現金支給を早々に打ち出してますけど、収入が途絶える人たちが増えれば、暴動や強奪などが起きると予想してるからじゃないかしらん。

日本では、収入ゼロの人が溢れだしても、黙って耐えるだろう前提なんですかね。お肉券、お魚券という発想にはびっくり。

「禁止」じゃなく「自粛を要請」というのも巧妙にみえます。他から要請された「自粛」でも、「自粛」なら損失も倒産も自己責任で済ませられるわけで。

仕事を失って困窮する人たちが増えたとき、社会不安がどう出るか気がかりです。

食べ物の買い占めが起きてると聞くと、まだまだ多くの人はこの先も生きていける収入見込があるんだろうから、大丈夫なのかな。

状況が悪くなっていく中では不安が勝るけれども、既存の薬で重症化を防げるものが見つかったりもしてるんですよね。科学に期待して、収束への希望を持ちたい。

関東圏はここから大変ですが、皆さん、お体気をつけて!


先日Twitterにおひつじ座だけあげましたが、12星座全員だとこんなん。

十字架のキリストっぽい人と、かごの中の人を除外して12人が12星座を表してる(と思う)。清楚、妖艶、ゴージャスなど星座ごとにタイプが違うモデルさんなのおもしろい。

どれがどの星座でしょう?

予想しつつ、↓メイキング映像で答え合わせしてみてください

動画の中にこんなセリフも

星座も、天使も、神さまも人の運命を決めてるわけではない

僕らの選択を見守るだけだ

決まった運命なんて無い

できる気がしない…

占星術が得意な人をすごいなぁと思うのは、ニュースや事件ばかりでなく、日々の出来事まで、ホロスコープから「そうなる理由」をつきとめていくところ。

「大忙しなのは、活動宮に集中している星たちがネイタル太陽を刺激しているから」とか、「コラボがうまくいったのはお互いのネイタル水星が重なってるから」とか垣間見ます(占星術に無知なため、勘違いしてたらごめんなさい)

私だったら、ただ過ぎていくだろう出来事、そんなひとつひとつに意味を見出していらっしゃる。

また、「トランジット火星がネイタル月に90度をとってるから、気をつけている」とかもあるんですね。

一般的な情報から「インフルが流行ってるから気をつけよう」はありますわね。でも星を見て、個人的な体調予想をするなんて、、思いつきもしなかった…

日々ホロスコープを読んでいる方には、きっとぜんぜん違うふうに世界が見えてるんでしょうね。

すべてに理由を見つけられるなら、不可解な謎などない、整然とした世界なんでしょうか。

占星術はちょっとだけ勉強したけど、もっと踏み込んでやったらこんなふうにできるんだろうか??いや、とてもじゃないけど…できる気しないわ。

まず何より「日々の星空と起きる現象の関係を見出したい!」っていう熱意が必要ですよね。

あと、理論やルールをきちっと積み上げてくのが好きかどうかや、「正しさ」へのこだわりもいるのかも。

私は自由度が高いもの(ルノルマンとか漢字占いとか)のほうがすきなんだろうなと思います。比べたら。

占星術なら、バースチャートから持ち味とか傾向をみて喋るのが好き。