レポ◆神話で本格的に学ぶ現代占星術―惑星編6回目「金星」2021/4/2

1回目「太陽」前編2回目「太陽」後編3回目「月」前編4回目「月」後編と「水星」少し5回目「水星」

今回は金星に入りました。

愛の星っていうけど、愛もいろいろですよね。

キリスト教式の結婚式で交わされる愛の誓い

幸せな時も、困難な時も、富める時も、貧しき時も、病める時も、健やかなる時も、死がふたりを分かつまで愛し、慈しみ、貞節を守ることをここに誓います

なんてのからほど遠いのがアフロディテ/ウェヌス。古代ギリシャの4つの愛概念のうちならエロスですね(結婚はゼウスの正妻:ヘラ様の管轄)

そしてエロス(クピドー)はアフロディテの子ども。

エロスの金の矢が刺さったら好きになっちゃう、モラルに反してようが止められない。貞節なんか知らん。

絵を変えたウェイト=スミス版「恋人」カードでも、ルールを破る人―禁じられた実を食べてしまうアダムとイヴが描かれています。

イヴをそそのかしたのは蛇。でも目を開かせてくれた。自我に目覚めさせてくれた。この講座のテキストの著者たちも、蛇は”カバラ思想では救い主でもある”と書いています。

蛇といえば、カバラ・タロットではマジシャンにも描かれていて

マジシャンのカードは、生命の木のケテル―原初の単一性につながっています。占星術では、12サインを人間の成長段階とみるとき、最後の魚座は宇宙全体と一体化するところ。

  • 金星は魚座でエグザルテーション

こうつながってくるのかぁ。

そして魚座→魚→海、海はユング心理学で集合的無意識に例えられる、アフロディテは海で生まれた、だから金星は無意識層への道先案内人なのですな。

どんなふうに案内してくれるのか?

たとえば夢ですか。光り輝く女神がそのままの姿でやってきたら人間にはまぶしすぎる、だから人間に偽装した、夢に現れたという話もありました。無意識もそのまんまじゃキツいから、姿を変えて夢に現れてくる(として夢分析をしたのがフロイトやユング)

また金星は

  • 牡牛座と天秤座のルーラー

であり、金星には牡牛座的な表れと天秤座的な面があるという話が展開しました。

まず牡牛座は土のサイン―物質、感覚、五感で味わう世界。美しいもの、おいしいもの、素敵な音楽などなど、人生を豊かにするこの世の楽しみ。恋愛と関係ない金星の一面です。

伝統的占星術の金星はこれですね。キラキラ光る姿からラグジュアリーな星とイメージしたという。

もうひとつの金星―天秤座的な人間関係の面―は次回をお楽しみに。


今回はいつにもましてタロットや生命の木が登場しました。占星術よりタロットに親しんでる方からは「関連づけて理解しやすかった」とお聞きしましたが、逆に、占星術だけ勉強されてる方がいらしたら「生命の木??」でしょうか。ご意見ご感想があればお寄せくださいませ。


この講座のテキストは

占星術と神々の物語 ーホロスコープの中の元型

終了した回も録画配信できます。テキストもお配りします。

お申し込みは、画像かタイトルをクリックで、専用ページからお願いします。

神話で本格的に学ぶ現代占星術―惑星編

  • 1回目「太陽」前編
  • 2回目「太陽」後編
  • 3回目「月」前編
  • 4回目「月」後編と「水星」
  • 5回目「水星」
  • 6回目「金星」前編
  • 7回目「金星」後編と「火星」
  • 8回目「火星」
  • 9回目「木星」
  • 10回目「木星」「土星」
  • 11回目「土星」
  • 12回目「土星」

1回約90分
受講料1回¥4,500
講師:伊泉龍一先生

関連講座

内なる「女性性」の元型としての小惑星―女神たちの伝承と小惑星

  • 1回目:ケレス
  • 2回目:ケレス、パラス
  • 3回目:パラス、ジュノー
  • 4回目:ジュノー
  • 5回目:ベスタ
  • 6回目:ベスタ

1〜5回目は1回90分、受講料¥4,500/回
6回目のみ60分、受講料¥3,000
講師:伊泉龍一先生

天王星・海王星・冥王星を深く学ぶ―神話の「元型」とトランスサタニアンの意味

1回1時間
受講料1回¥3,000
講師:伊泉龍一先生

コメント

タイトルとURLをコピーしました