タロットでみる成長段階―愚者の旅

「心理占星術」なるものがあるように、占星術が心理学的な考えを取り入れてるのは、一般的にもまぁまぁ受け入れられてるようにみえますが、

「タロットの心理学化」は、ひょっとして受け付けない方もあるのかな?

「タロットは神秘的なもの」「スーパーナチュラルなパワーを持つ」というイメージからすれば、人間が考えた心理学と結びつくなんてありえないのかも?!

もうひとつには

占星術なら、もともとその人自身のことをみていく占いだから、心のあり方を分析していくのも自然な流れといいますか、心理学ともなじみやすいんでしょうね。

でもタロットで占う場合は、もうちょっとピンポイントな、いま起きている何かについて問いたい、とかが多いからか、自分を見つめるツールとしてはあまり使われてないのかなー?

心理占星術で、1〜12のハウスが1から順に人間の成長段階を表すように、タロットの大アルカナも、愚者がひとつずつ学んで成長していく物語になっています。

愚者の旅―フールズ・ジャーニー

6/17〜これを教えていただきますよ!

タロットで自分を見つめ直し、より素敵な明日を作っていく、ポジティブでセラピー的な使い方が広がると思います。

伊泉先生も15年ぶり?というレア講座。平日の昼間ですが、タロットを使う方にはぜひ聴いていただきたいですねぇ。

◆自己成長と自己変容のタロット――「フールズ・ジャーニー」としてのタロット
◆自己成長と自己変容のタロット――「フールズ・ジャーニー」としてのタロット

1960 年代から 1970 年代にかけて、タロットは「人間性心理学」や「トランスパーソナル心理学」の影響を受けて「自己成長」や「自己変容」のためのツールとして再認識されるようになっていきました。

それにより「タロット占い」の目的は、もはや「未来を予言する」ことから完全に離れて、「より良い未来を創造していく」ことへとシフトしていくことになりました。

今回は、その当時の「フールズ・ジャーニー(愚者の旅)」というコンセプトを基にしながら、大アルカナ 22 枚がいかに人間の成長段階を表していると解釈されたかを、わかりやすく解説していきます。

6/17、7/29(月)午後1~4時(3時間)
パティオ伏見にて 地図 
地下鉄伏見駅5番出口から徒歩5分

講師:伊泉龍一先生
オフィシャル・サイト:運命の世界 

受講料:1回¥9,500、2回分全納¥18,000(¥9,000/回)、前払いでお願いしています。当日現金払いは1回¥10,000いただきます。

資料代: 配布資料がある回は、別途コピー代をいただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました