自己成長と自己変容のタロット――「フールズ・ジャーニー」としてのタロット(全2回2019/6/17、7/29)

1960 年代から 1970 年代にかけて、タロットは「人間性心理学」や「トランスパーソナル心理学」の影響を受けて「自己成長」や「自己変容」のためのツールとして再認識されるようになっていきました。それにより「タロット占い」の目的は、もはや「未来を予言する」ことから完全に離れて、「より良い未来を創造していく」ことへとシフトしていくことになりました。

今回は、その当時の「フールズ・ジャーニー(愚者の旅)」というコンセプトを基にしながら、大アルカナ 22 枚がいかに人間の成長段階を表していると解釈されたかを、わかりやすく解説していきます。

この講座の1回目のレポート2019/6/17

この講座の2回目のレポート2019/7/29

関連講座・ブログ

タロットでみる成長段階―愚者の旅

ついていけますか?

タロットの「スプレッド」を学ぶ――1960 年代から現代にいたるさまざまな「スプレッド」を学ぶ(全2回)2018/7~9名古屋

レイチェル・ポラックの『タロットの書』――神話と心理学的な観点から導かれた 1980 年代以降のタロットのイメージの世界の原点を理解する(全2回)2018/7~9名古屋

ウェイト版タロット過去講座と関連ブログ

講師紹介

伊泉龍一(いずみりゅういち)先生

占い・精神世界研究家。様々な西洋の占いを紹介している。タロット、数秘術、西洋占星術、手相など著書・訳書多数。
オフィシャル・サイト:運命の世界 http://unmeinosekai.com/