◆自己成長と自己変容のタロット――「フールズ・ジャーニー」としてのタロット(全2回6/17、7/29)

大アルカナ22枚が示す人間成長のストーリー「フールズ・ジャーニー」、初回は愚者から司祭まででした。次回は恋人たちのカードから。2回めだけのご参加も承ります。

1960 年代から 1970 年代にかけて、タロットは「人間性心理学」や「トランスパーソナル心理学」の影響を受けて「自己成長」や「自己変容」のためのツールとして再認識されるようになっていきました。それにより「タロット占い」の目的は、もはや「未来を予言する」ことから完全に離れて、「より良い未来を創造していく」ことへとシフトしていくことになりました。

今回は、その当時の「フールズ・ジャーニー(愚者の旅)」というコンセプトを基にしながら、大アルカナ 22 枚がいかに人間の成長段階を表していると解釈されたかを、わかりやすく解説していきます。

講師紹介

伊泉龍一(いずみりゅういち)先生

占い・精神世界研究家。様々な西洋の占いを紹介している。タロット、数秘術、西洋占星術、手相など著書・訳書多数。
オフィシャル・サイト:運命の世界 http://unmeinosekai.com/

スケジュール

日 程: 2019/6/17、7/29(月)

時 間: 午後1~4時(3時間)

場 所: パティオ伏見 地図 地下鉄伏見駅5番出口から徒歩5分

受講料: 1回につき¥9,500、PayPal(このページの下の「今すぐ購入」ボタン)または銀行振込で前払いをお願いします。当日現金払いは1回につき¥10,000いただきます。

資料代: 配布資料がある回は、別途コピー代をいただきます。

持ち物:(お持ちでしたら)タロットカード、筆記用具、ノート

★当校はじめての方は、伊泉先生の講座の受講経験、タロットのお勉強経験を備考欄にお書きください(さしつかえない範囲で結構です)。講座運営の参考にさせていただきます。

キャンセルポリシー

3日前~前日のキャンセルは受講料の50%、当日キャンセルは受講料100%いただきます(キャンセルでの返金は、振込手数料/PayPal手数料を差し引かせていただきます)

関連講座・ブログ

この講座の1回目のレポート2019/6/17

タロットでみる成長段階―愚者の旅

ついていけますか?

タロットの「スプレッド」を学ぶ――1960 年代から現代にいたるさまざまな「スプレッド」を学ぶ(全2回)2018/7~9名古屋

レイチェル・ポラックの『タロットの書』――神話と心理学的な観点から導かれた 1980 年代以降のタロットのイメージの世界の原点を理解する(全2回)2018/7~9名古屋

ウェイト版タロット過去講座と関連ブログ

お問い合わせ・お申込みは「お問い合わせ」ボタンを、PayPal支払いは下のボタンをご利用ください。

1回分か2回分かお選びください