伊泉先生の神話と惑星講座★1/21は海王星の続きから冥王星へ

講座の前に「つかみにくい惑星」とのお声があった海王星ですが、前回までの2回でどうでしょう?イメージができてきたでしょうか。ご質問があれば次回にぜひ。

海王星は残りあと少し。次回はラスボス冥王星にも入ると思われます。冥王星だけお聞きになりたい方も、よかったら次回からいらしてくださいませ。

冥王ハデス(ローマ名・プルトン)の神話といえば、ペルセフォネの略奪が有名ですね。

ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ《プルトンとペルセポネ》1621年-1622年 ボルゲーゼ美術館蔵

花をつんでいたコレー(のちのペルセフォネ)に恋したハデス、地下世界に連れ去って妻にした。が、とつぜん娘を誘拐された母デメテルはぷんぷん、穀物神の仕事を放棄したから神々も根負けし、じゃあ地上に返そうかとなったものの、娘は冥界のザクロを口にしてしまったから、地上に戻れるのは一年のうち数ヶ月だけ。あとは冥界の女王ペルセフォネとして暮らすことになった…

この神話は、この惑星シリーズの小惑星ケレス回でも出てきました。母から見たら子離れ、娘から見たら自立の物語でもあるって。

神話は母デメテル目線ですが、ペルセフォネ自身はどういう気持ちだったんだろう?―まだ母といたかったのか、夫ハデスをどう思ってたのか―。地下世界の女王だけに、心は秘めてるのかしらんね。

結婚のきっかけは強引でも、ハデスはオリュンポスの神にしてはめずらしく浮いた話もないし、下のレリーフなんか見ると、夫婦仲良く冥界を統治していたようなので、まぁ結果オーライ?

Locri Pinax Of Persephone And Hades

海王星から冥王星へ、1/21夜8時からです。

天王星・海王星・冥王星を深く学ぶ―神話の「元型」とトランスサタニアンの意味

講師:伊泉龍一先生
次回1/21,以降2/4,2/18,3/4,3/18
夜8時〜9時(1回1時間)
受講料1回¥3,000

終わった回も録画で受講いただけます。

  • 1回目「天王星」1
  • 2回目「天王星」2
  • 3回目「天王星」3
  • 4回目「天王星」4
  • 5回目「海王星」1
  • 6回目「海王星」2

お申込みはこちら↓

伊泉龍一先生の占星術講座・天王星・海王星・冥王星を深く学ぶ―神話の「元型」とトランスサタニアンの意味(オンライン)
伊泉龍一先生の現代占星術講座―今回は、天王星、海王星、冥王星を、さまざまな神話の根底にある「元型」との関連によって、その意味を深く掘り下げて説明します。・プロメテウスと天王星・ディオニュソスと海王星・ハデスと冥王星
同じ本をもとにした神話と惑星講座(録画)

コメント

タイトルとURLをコピーしました