伊泉龍一先生の生命の木講座★11/17はパス20と隠者

前回のパス21はセフィラー7ネツァクと4ケセドを結んでました。

4ケセドには占星術の木星が対応してるから、パス21の解説では木星の「寛大さ」「可能性」という言葉が出てましたね。

次のパス20も片方の端は4ケセド、今度はケセドの「記憶」というお話もあるようです。

そして対応するヘブライ語も前のパス21とちょっと似てます。パス21は「開いた手」、次のパス20は「閉じた手」

統治と寛大さのための開いた手であるカフとは対象的に、この手は閉ざされ、その創造的力が自らの性質によって制限されている。

生命の木―ゴールデン・ドーンの伝統の中のカバラp.344より

対応するタロットは「隠者」

  • パターン化されてることに気づき、今まで一回もやったことないことをやるのが隠者
  • 自分の欠点も変わる可能性があるのが隠者

という予告もありました。

11/17、パス20と「隠者」です。お楽しみに。

お申し込みは、画像かタイトルをクリックで、専用ページからお願いします。

【第2弾】ヴェールの上から深淵の下まで

講師:伊泉龍一先生
次回11/17,12/1
20時〜21時(1時間)
受講料1回¥3,000

終了した回も録画受講できます。

  • 1回目:パス23/タロット吊るされた男
  • 2回目:パス22/タロット正義
  • 3回目:パス21/タロット運命の車輪

【第1弾】パス32〜24,タロット「世界」から「死」はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました