木星っぽい

先日の惑星講座「木星」のテキストを読んでて、伊泉先生の講座って”木星―射手座”ぽい?と思いました。

海外の文献や古い時代の考えなど、遠くのものを伝えてくれてますよね。さまざまな知識を集めて、まとめて教えてもらえるありがたみ。

講座を受けられた方から「自分では一生かかってもこれだけ調べられない。聴けてよかった」というご感想をいただいたこともあります。

異国の、昔の、現代日本とは違う文化や考え方にふれると、視界を広げてもらえます。

オリュンポス山からすべてを見渡すゼウス、アスガルドから下界を見下ろすオーディンほどの視野とまではいかなくても、虫の目から鳥の目になって旅する気分。

目の前の問題を、ちょっと離れて見たときに気づくこともあるのが占いかなとも思うのです。

明日の講座「30分で分かる現代カバラの「生命の木」―基本の考え方からタロットとの関連まで」は無料での開催で、先生の「寛大さ」に感謝でございます。定員まで残り少なくなってきました。ご希望の方はお早めにどうぞ。

無料のは生命の木の”エッセンス”の紹介ですが、お気に召したらぜひ本編↓も聞いていただきたいです。「カバラの生命の木」はほんと考えを広げてくれるものだから。

タロットの大アルカナと共に学ぶ「生命の木」

【第1弾】マルクトからヴェールを抜けるまで

講師:伊泉龍一先生
6/2,6/16,6/30,7/14,7/28,8/11,8/25,9/8,9/22,隔週水曜。
20時〜21時(1回1時間)
受講料1回¥3,000

先生のお話は広がるから、講座の回数も「拡大」するけど、じっくり長いのは内容の「豊かさ」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました