『SwanLake』

昨日このバレエ公演をみてきました。まだ脳内でチャイコフスキーが鳴り響いてる…

青く静かな湖のシーン、白鳥たちの群舞、美しかったー

今回のは脚本がアレンジされていましたが、クラシックな『白鳥の湖』は王道のストーリーですよねぇ。ロマンチック・ラブと、悪との戦い。

成人を機に、母からお妃選びを急かされる王子。「恋をしたこともないのに結婚なんて」憂鬱に沈んで向かった湖で、白鳥に姿を変えられた美しい姫と出会う。

恋に落ちた二人。悪魔の呪いを解くには愛の誓いが必要。王子はそれを約束する。

だけど悪魔は悪いやつ。オデット姫そっくりな娘オディール(ブラック・スワン)をつれていって王子を騙し、ブラック・スワンに永遠の愛を誓わせてしまう。

悲嘆した姫は湖に身投げする、王子も後を追う。愛の力で悪魔は倒され、二人はあの世で結ばれる。

生きたまま悪を倒して姫を手に入れてたら、ずばり「英雄物語」なんだけど。

白と黒の馬にひかれてく「戦車」の絵、白鳥と黒鳥の間にいる王子にも見立てられる?!

「戦車」の二頭の馬について、伊泉先生の本でプラトンの『パイドロス』がひかれています。

彼の一頭の馬のほうは、資質も血すじも、美しく善い馬であるけれども、もう一頭のほうは、資質も血すじも、これと反対である ”

タロット大全』p.780.

まさに白鳥=姫とブラック・スワン=悪魔の娘のようじゃないですかー。

関係ないですが、チャイコフスキーの『白鳥の湖』が使われてる映画、ウディ・アレンの「タロットカード殺人事件」(原題:Scoop)

コメント

タイトルとURLをコピーしました