レポ★神話の元型とカイロン1回目2022/3/4

カイロンが発見されたのは1977年。ちょうど占星術が小惑星たちをどんどん取り入れていった時期だそうです。天文学での発見からすぐ占星術でも使われるようになったとか。

ではカイロンの意味はどう作られたのでしょう?当時影響が大きかったユング心理学の「共時性」「元型」がカイロンでも使われたようです。

発見時のチャート、発見した天文学者がつけた名前、天文学上のカイロンの様子、どれもたまたまじゃなくてシンクロニシティだということ。

天文学上のカイロンは土星と天王星の間で変な軌道を描いている、しかも太陽系の外からやってきた彗星だそうで。前に教わったケレスなどの小惑星たちとはぜんぜん異質な星なんですね。

天体の名はギリシャの神から。ギリシャ神話のケイロンの物語から「元型」が見出されます。

ケイロンの高度な知識をもち、静かな隠遁生活を好んだところはタロットの「隠者」さんを思い浮かべました。

また聖なる戦士たちを育て上げたケイロンはギリシャ神話界のオビワン・ケノービ!

下の絵はアキレスに狩りを教えてるみたい

Bénigne Gagneraux「The Education of Achilles」1756

著者たちが書いてる「その時代に必要な『元型』が生まれてくる」という考えも興味深いです。カイロン発見の前後、70〜80年代は英米でヒーリングが大流行していたのだとか。

治療者ケイロン、そして師を超えた弟子アスクレピオスは治療の神。

A statue of Asclepius. The Glypotek, Copenhagen.

手に持つ杖にはシンボルの蛇が巻き付いてます。上っていく蛇とチャクラの話は冥王星でも出てきましたが、正当西洋医学とは別のヒーリング。

代替医療、ホリスティック、というとカイロンは私の仕事に関係ある星だ!(カラーセラピーやってます)

色彩療法などの代替療法/自然療法は、西洋医学に背を向けるんじゃなく、補助的に使うもの、病気になる前に予防するものと教わってますが。

「神々は人間が信じてる限りでしか存在しえない」、ご紹介があったドラマ:アメリカン・ゴッズ。写真右のおじさんが北欧の神オーディンです

カイロン2回目は、3/18(金)Zoomで8時から。リアルタイムがむずかしい方は、あとから録画でもご受講いただけますよ。

伊泉龍一先生の占星術講座―神話の元型とカイロン

講師:伊泉龍一先生
次回3/18
夜8時〜9時(1回1時間)
受講料1回¥3,000

この本のカイロン部分をPDFでお配りします。

お申込みはこちらから↓
https://thelema-s.com/online220304.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました