生命の木

タロット

ドラマから生命の木を思う

伊泉先生に勧めてもらったドラマ「エクスパンス」を見続けていて、シーズン5の途中まできました。 ざっくり言うと、23世紀の太陽系で、人類絶滅を阻止するために奮闘する人たちの話。 見てて、生命の木を思い起こしてました。...
オンライン

レポ◆カバラの生命の木から学ぶウェイト版タロット23回目「世界」2021/3/17

このパスは真ん中の柱にあり、いちばん上は「女司祭」、次が「節制」、そして「世界」へ、どう展開していくかのお話がありました。そして「運命の輪」と絵を見比べました。「運命の輪」は可能性の木星とつながっていて「世界」は制限の土星と対応。いろんなことが起きる可能性がある一方でどうにも変えられない物理的制限もある、どっちもありなのが現実ですよね。たしかに「ふだん忘れてる」かも。上から降りてこないと気づけないのもわかります。
オンライン

3/17が最終回!伊泉先生のカバラの生命の木から学ぶウェイト版タロット「世界」です

この講座では生命の木を「上から下へ」の説明なので、同じパスでも「下から上へ」とは違う表現になる、というようなことを前回の「審判」で先生がおっしゃっていました。「世界」のカードは上から下への説明のほうが絵にフィットする。このパスの最も好ましい状況を描いているのが「世界」のカード。ともお聞きしています。たのしみ〜!
オンライン

レポ◆カバラの生命の木から学ぶウェイト版タロット22回目「審判」2021/3/3

今回は「審判」死者が墓から蘇る絵。眠ってる可能性を目覚めさせよう。と言ってしまえば、普通の大アルカナ講座と変わらないようだけれども、生命の木を重ねると、その背景がわかる、深みが出るということです。審判のカードが該当するパス31から、木の左側の柱を上に戻って解説していただきました。
オンライン

3/3伊泉先生のカバラの生命の木から学ぶ「ウェイト版」タロットは「審判」

「審判」カードは、ホドとマルクトを結ぶパス。生命の木を上から下へたどってきて、とうとう生命の木のいちばん下、現実世界につながります。「審判」、3/3(水)夜8時からです。お待ちしてます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました