國分功一郎

ブログ

数年ぶりに読書会に参加

『暇と退屈の倫理学』オンライン読書会。参加者同士、この本の好きなとこや疑問に思ったことなど語り合うと、同じ本でも人によって気になる場所が違うのがおもしろいところ。後半の著者トークは、毒舌とぼやきに爆笑。いやシビアなお話でしたけど。
ブログ

トークイベント:いま「哲学」で考えることの意味

昨日はこれ聴いてました(アーカイブ配信もあります) 國分功一郎さんと千葉雅也さんの対談、《いま「哲学」で考えることの意味》。 紋切型から脱出する抽象化―距離をとってものをみる訓練 紋切型―みんながいいと言っている...
ブログ

孤独と寂しさの違い

先日の生命の木パス17「恋人たち」回で「切り離されている孤独があるから誰かを求める」と聴いて思い出したこと。 ドイツの哲学者ハンナ・アレントによる孤独(ソリチュード)と寂しさ(ロンリネス)の違い 孤独:私が私自身と一緒にいられ...
ブログ

100分de名著「エチカ」

先日京都で、生命の木の話から、伊泉先生が哲学書を読むのを勧めてらっしゃいました。 「一流の哲学書は読んでもわからない、だからこそ読めたときに自分が変わる」と。そうですよね、すぐわかる本を読んでも気づきはない。 「いきなりだと難し...
ブログ

暇と退屈の倫理学

先月、話のはずみで、この本をご紹介することがありました。 暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator) そしたら早速、読んで感想をくれた人があり、「あぁ、そんな風に読んでくれたんだー」とうれしく思いました。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました