ウェイト=スミス・タロットがお好きな皆さま、ぜひ!

タロット講座で、いちばん多くの方が持ってこられるのが、ウェイト=スミス・タロット。

発売から100年以上もたって、また日本でまでも、こんなに人気が続くなんて、作者もきっと予想されなかったんじゃないかしら。

ここまで広がったのは、20世紀後半に、新しいタイプのタロット解説本が出てきたおかげでしょうね。

今では想像できないけど、1950年代より前のタロット本は魔術用しかなかった…神秘思想がえんえんと書かれてて、占いに役立つような内容じゃなかったそうです。

先月までの「タロットのスプレッドを学ぶ」でそのあたりの歴史、教わりました。

じゃ、新しいタイプの本って??

「内面を変えたら、現実が変わる」

「自己成長・意識変容のためのタロット」

ポジティブ・シンキングやニューエイジ、東洋思想などの考えが取り入れられたもの。

そういう本の登場で、占い方も変わりました。

「未来を予言しない」

「自分のあり方を考える」

個別の悩みにフォーカスして、どう解決していくか。心理学的な、今風の占いができました。

 

ということで、今月からの講座は!新しいタイプの本の中でも、ロングセラーを続けている名著を紹介していただきます。

レイチェル・ポラックの『タロットの書』、ウェイト=スミス・タロットの解説書です。

ウェイト=スミス・タロットがお好きな方、ウェイト=スミス・タロットを使って占ってる方、また欧米のタロティストの考えを知りたい方も、ぜひぜひ聞いていただきたい!お待ちしております。

レイチェル・ポラックの『タロットの書』――神話と心理学的な観点から導かれた1980年代以降のタロットのイメージの世界の原点を理解する(全2回)

10/16&11/13(火)
1~4時(3時間)
伊泉龍一先生
名古屋栄にて
受講料:1回につき¥9,500

コメント

タイトルとURLをコピーしました