マルセイユ・タロットの小アルカナ、どう読むの??

マルセイユ版タロットの小アルカナって、

minor

棒が3本ならワンドの3、剣が3本ならソードの3、

トランプ

マークと数だけのトランプに似て、いたってシンプル。

10のカードで見比べてみると、

10

ウェイト版だったら、「重そうな棒を持ってるなー」、虹が出て「なんかしあわせそう」、「ぐっさぐさに刺さってる…」とか、見たまんまの印象から読めますけれども、

マルセイユ版は、何かを表してるようには見えない…

どうすれば??

はい、マルセイユ版の小アルカナは、「数の意味」+「四大元素」の組み合わせで読めるんですね~。

具体的にはどうやって?を勉強できるのが、マルセイユ版専用の小アルカナ講座です。

★1~10の数の意味を教わります。これ、実は数秘術の勉強にもなっちゃいます。お得!

★4つのスートに対応する四元素(火・水・空気・土)を教わります。コートカードもこれで読めます。

マルセイユコートカード

火とはどんなエネルギー?どんな動きをする?など、イメージを広げられるように解説していただきますよ。

占星術でも使いますよね、火・水・空気・土は。タロットの講座だけど、他に応用できる内容でもあるから、何かとお役に立つんじゃないかな。

  • ほかで大アルカナは勉強したんだけど、小アルカナは手つかず
  • マルセイユでも小アルカナも入れたリーディングをしていきたい
  • コートカードがわからない

という皆さま、ぜひ小アルカナ講座へどうぞ。

★★なお、ウェイト版タロットの小アルカナは、マルセイユ版とはまったく意味が違うため、使い回せません。ご注意ください。

大アルカナについては、こちらもどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました