本「ルーンの教え― ルーンの魔法、歴史、そして隠されたコード」

先日の生命の木講座で、伊泉先生がご紹介くださいました。

ルーンの教え ― ルーンの魔法、歴史、そして隠されたコード ―

伊泉先生ご自身で訳そうと思ってたくらい良い本だそうです。

ルーンは実際にあった文字/言語だから、言語学者や神話学者、宗教学者の研究対象でもあるけれど、ルーンのスピリチュアル、占い的、魔術的な面ではこの本の著者:エドレッド・トーソン氏が第一人者なのだとか。

さらに翻訳された吉田 深保子さんがまた、ルーンが大好きなお方なんですって。

なんと生命の木講座に(少なくとも)お二人、吉田先生の講義を受けられた経験のある方がいらっしゃいました!!お話を伺ったところでは、熱量がすごくて、講座で配られる資料もたいへんなボリュームらしいです。

おかげで、日本語版には原著にない図版もいっぱい掲載されてるようですよ。すごーい!

きっと愛があふれる本ですね〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました