今年の誕生日からは金星年

3月。今年は免許の更新に行かなきゃいけないんだった。改装中で駐車場がないとか。バスを乗りついで行くのが億劫だなぁ。

誕生月だから、伝統的占星術のプロフェクションをやってみよう。

誕生日から次の誕生日までの1年、占星術の7惑星のうち、どれが「時の主」になるのか?から1年のテーマをみるもの。

私は3月○日から「金星」。

金星というと、個人的にはマリー・アントワネットを思い浮かべちゃう。ファッションリーダーで、好きな人たちに囲まれて遊び、自分好みのお城や庭をつくり…

そんなふうに楽しみたい一年なのだけど、私の金星は火星の支配下にあって、金星らしくするのは難しいのよね。マッドマックスの世界に放り込まれたら、誰だっておしゃれよりサバイバルになってしまうわな。

でもアスペクトがちょっと助けてくれる。

6ハウス火星→金星の向きでトライン。地道に働けば楽しくなっていく?!もうひとつ、金星→月の向きでトライン。楽しくやればやるほど自身が生き生きしてくる(私の場合は月=自分自身を表す星)

肝心のハウス(どの分野が活性化するか)をみると、私のホロスコープで金星の家は4ハウスと11ハウス。

4ハウスはいちばん暗い場所。安心できる場所をもつとか、自分のルーツに関わるものに注目してく?11ハウスは太陽が登ってくいちばん勢いがあるところ。希望を胸に、共通の目標をもつ人たちとのつながりを作ってく?

実際の金星がいるのは10ハウスで、4ハウスとは真反対の場所。ルーツから離れて自分の力で世にでるのが10ハウスなんだから、4ハウスより11ハウスを使いたい。11ハウス的つながりをもって社会のお役に立てればいいな。

プロフェクションを知らない方には何のこっちゃ?な話ですね。もしご自分の「時の主」や一年のテーマを知りたい方がいらしたら、お話できますよ(生まれた時間までわかる方に限ります)

コメント

タイトルとURLをコピーしました