2回目★2回で本格的に手相を学ぶ2018/4/10名古屋

1回目は手の形からみる気質がメインで、今回の2回目はメジャーライン(感情線の続きから、頭脳線、生命線、運命線)を教わりました。

まず手の丘と惑星の解説。

私たちの手のひらには、占星術の7つの惑星が対応してる場所があるんですね。手のひらのどの場所にどの惑星の意味があるのか?そして各惑星の意味は?をお聞きしました(手相プラス占星術も知ることができる講座でございましたよ)

で、太陽の丘、土星の丘、木星の丘などなどがわかると!線が意味することもわかってくる!

たとえば感情線なら、どの惑星の丘まで伸びてるかによって、その人の感情のパターンをみられるんですね。同じ出来事があっても、どう思うかは人それぞれ違うじゃないですか。手相だと、感情線が太陽丘までなのか、土星丘までなのか、木星丘まで伸びているのかで感じ方が違ってくるわけで。

頭脳線、生命線も、同じようにみられます。あらためて手を見ると、そういうことかーってなりませんでしたか?

運命線はちょっと特殊。この線はメジャーなラインと言っても、ある人もない人もいらっしゃいます。じゃあ運命線が強く出てくるときはどういうとき?ってお話、胸に響きました。日曜の大アルカナも聞かれた方には、相乗効果があったかも。

 

今回は主要な線だけのお話でした。マイナーな線は、伊泉先生のご本でどうぞ。

先生のサイト運命の世界の「手相術とは」にもご紹介ありますよ(無料)

 

ご参加の皆さまに、手のひら型のふせんを。手相のお勉強用に丘や線を書きこんで使ってもらえれば…

皆さまどうもありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました