わたしに関係ある星座はひとつじゃなくて

前々からの友だちは、私がこういう教室をやってることを知らないし、占いの話をすることもないんですけど、占いにぜんぜん興味ない彼女たちでも、自分の星座は知ってるんですよね。

星座占いの浸透力、すごい。

雑誌やなんかで、なんとなく見たことがある、て感じなのかな。誕生日だけでざっくり見れるから、手軽ですもんね。

もうちょっと占星術にくわしい人からは、「女の人は『月』星座のが大事」と聞いたりします。生まれた時に、月が何座にあったか。これは、ちゃんとホロスコープを出さないとわからない話ですが。

かんたんな占いでは、生まれた時に「太陽」があった星座だけで見るから、たとえば牡牛座だったら牡牛座コーナーしか見ないでしょうけれども、「月」が別の星座(たとえば獅子座)にあれば、獅子座の私もいるわけですね。

ホロスコープを出してみると、太陽、月のほか、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星がのっています。ぜんぶが同じ星座に入ってることはなくて、いくつかの星座に散らばってるはず。

ホロスコープ

水星は何座にあったの?金星は?火星は?ってみていくと、「自分に関係ある星座って、ひとつじゃないんだなー」と。

となると、ぜんぶの星座について、知りたくなりません?

自分の「太陽」の星座はじゅうぶん知ってるわって方も、ほかの星座はあんまりピンとこなかったりするかも。

12の星座の話、あらためてくわしく聞いてみませんか~~?

 

もっとくわしく知りたい12星座―西洋占星術入門(全2回)

6/12(月)7/10(月)1~4時(3時間)
伊泉龍一先生
名古屋・栄/久屋大通駅近く
受講料:¥9,500×2回

お問合せ・お申し込みは
お問合わせフォームからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました