カバラ生命の木でタロットのどんなことがわかるの?

生命の木

生命の木、この図を学びます。

木は、10個の〇と、〇と〇をつなぐ22本の線(パス)でできています。

この数字、タロットお好きな方なら、「ということは?」と気づかれるかも。

10といえば小アルカナの数カード1~10、22といえば大アルカナが22枚。はい、それぞれ対応しています。

〇のひとつひとつが、人生のいろいろな段階をあらわしています。

それぞれの〇の意味がわかれば、「この〇とあの〇をつなぐということは・・・」から、線(パス)の意味を想像することもできるんですね。

そして、なぜタロットの絵がそう描かれたのかも!

たとえば、ウェイト=スミスの「節制」

節制

なぜ翼があるのか。なぜ額に(占星術の)太陽マークが描かれてるのか。山の上に王冠のような光が輝いてるのは?

生命の木の〇部分を知れば、その理由がわかります。

なんとなく見ていた絵が、一気に意味をもって迫ってくる感じ。

そして、生命の木は、人生についてもね、「なんとなく」じゃなくて「目覚めて」生きることを教えてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました