ウエイト版タロット研究会・2回目2013/10/9

【ウエイト版タロット研究会】

20140121

2回目(2013/10/9)のレポートです。

この回は、タロットの歴史の続き~№1魔術師のカードへ。

ウエイト氏が、何を意図して、このタロットを作ったのか?というお話がメインでした。

天と地。神と人。

キリスト教をベースにした文化圏の世界観は、日本とは別物。

ふだん、当たり前に思っていることが、あちらでは当たり前じゃない。逆もしかり。

タロットなどに興味を持たなかったら、そんな違いについて、考えることもないままかもしれないけど

だからこそ、かな、西洋人の考え方を知ると、例えば、海外の映画を見るとかでも、見方が広がりそうでおもしろいなぁと思うのです。

3回目は 2013/11/13(水)午後1:45~3:00 №1魔術師のカードの続き~


コメント

タイトルとURLをコピーしました