ウエイト版タロット研究会・初回2013/9/11

【ウエイト版タロット研究会】

初回(2013/9/11)のレポートです。

この会は、製作者アーサー・E・ウエイトの著書「The Key to the Tarot」を読みこんでいく、少々オタク系(?)の講座です。


↑こちらは、タロットカードと、本「The Key to the Tarot」がセットになってます。

20140121

写真右上の、コンパクトな本が「The Key to the Tarot」(ダイジェスト版)です。
初回は、「The Key to the Tarot」(タロットへの鍵)に入る前に、知っておくべきこととして、

ウエイト氏がこのタロットを作るにいたるまでの流れ、タロットの歴史をお聞きしました。

エテイヤ

タロットはエジプト生まれ?ジプシーが使ってた?

タロットって、なんだか妖しい、神秘的なもののように思われてるけれど、何がどうなってこうなったのか。

魔術、秘密結社、そして…と、けっこうマニアックな内容でしたが、

ご出席いただいた方から、「素晴らしかった!」「企画してくれてありがとう」というお声をいただき、ほっとしました。

エテイヤのタロットとか、エリファス・レヴィがやろうとした魔術だとか、かなーりマニアックな内容ゆえ、初めてご参加いただいた皆様がた、大丈夫かなぁ??と、少々不安もあったんですが、やはり、こういうの好きな方が来て下さってました!

歴史なんてどうでもいいから、ちゃちゃっと占い方を教えてほしいって思う方なら、そもそも他スクールに行かれると思いますが、

それでもやっぱり、皆さんがどう感じられるか、心配なところがあったんですよね。

たぶん1年以上は続いていく、長丁場の会です。好みが合う方々に、来ていただけたらと思います。

10月~のご参加も歓迎!
今回の参考図書はこちら↓ エテイヤのタロットカードなどを参照しました。

2回目は 2013/10/9(水)午後1:45~3:15 歴史の続きから

この会は、たぶん2年くらいの長丁場になると思われます。

途中からのご参加も、聞きたいカードのときだけのご参加もOKです。

受けていない回の内容を知りたい方には、録画もございます。

有料ですが、ご希望の方はお知らせくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました