西洋占星術入門―「ハウス」の考え方とホロスコープの解釈の手順を学ぶ (全4回2015/9/14、10/19、11/9、12/7)伊泉龍一先生/名古屋

本格的な西洋占星術を基礎から学べます。今回は「ハウス」という考え方を中心に説明します。それぞれの「ハウス」が、どうしてそう意味を持つのか、その背景となっている伝統的な占星術の理論から説明していきますので、「2ハウス=お金」、「4ハウス=家」というような丸暗記とは異なる、それぞれのハウスの持つ意味そのものを理解することができます。それによってこれまで西洋占星術にすでに親しんでいた方も、ホロスコープの読み方をこれまで以上に深めていくことができるはずです。本講座では、本格的なホロスコープの解釈方法を行うため、まず各ハウスの「シグニフィケイター」となる惑星の「主」の見つけ方から、丁寧に説明していきます。伝統的なホロスコープの解釈のルールと手順を説明しますので、それに従っていけばどなたでも明快な答えにたどり着けるようになります。
◆ 伝統的占星術と現代占星術でのハウスの考え方の違いとホロスコープの解釈の手順
◆ ハウスを理解する――ハウスの意味の基になっている世界観とコンセプト

4回かけて、伝統的占星術の12の「ハウス」の考え方を学びました。伝統的な占星術では、ハウスの考え方がわかれば、けっこう占えるようになります。性格、才能、家庭、パートナー、自己実現の形など、知りたいポイントに対応するハウスを、習った手順どおりにみていけば、答えが出せるんですよね。「あぁ、土星の人だね~」「才能は木星だね」等々。あとは、「才能が木星」とかを、わかりやすい言葉に変えて表現できるよう、練習や工夫が必要ですね。 あと、アスペクトなど、他の要素も学べば、チャートを総合的に読めるようになります。占星術は覚える知識がたくさんあって大変ですが、積み上げていったときに「そういうことかぁ」ってなる喜びも大きいですよ。まだ難しく感じている方も、もうちょっと頑張って学びを続けていただけたらなと思います。

関連ブログ

1回目9/14のレポート

2回目10/19のレポート

3回目11/9のレポート

4回目12/7のレポート

関連講座

◆2015.3.11(火) 基礎から学べる西洋占星術――伝統的な未来予測法(プロフェクション)を学ぶ【名古屋】

◆2015.4.21~6.9(火)基礎から学べる西洋占星術―ルミナリーズと惑星で「性格」を知る(全3回)【名古屋】

◆2015.7.14(火) 1回で分かる西洋占星術の「相性」の見方(全1回)【名古屋】 

◆2016.2.8,3.7(月) 西洋占星術で自分の強みを知る――ディスポジターツリーとエッセンシャル・ディグニティ (全2回)【名古屋】

◆ 2016.4.11、5.16、6.20、7.11(月)西洋占星術で運命のパターンを見る――アスペクトを学ぶ (全4回)【名古屋】