2回で本格的に手相を学ぶ――西洋占星術との関連で手に秘められた象徴を読み解く(全2回2018/3/13、4/10)

今日の手相の基本となる考え方は、もともと西洋占星術の理論を基にして発展してきました。そのため、手のひら全体は占星術の7つの惑星によって区分されると同時に、それぞれの象徴的意味が割り当てられています。

一般的に手相は、線の意味をひとつひとつ単純に暗記するものと思われがちですが、本講座では手相の本来の理論に立ち返り、占星術と関連させながらリーディングしていく方法をわかりやすく説明します。

まったくの手相の初心者の方でもご参加できます。また、もともと占星術に興味がある方は、占星術との関係を知ることで手相に新たな関心をお持ちいただけることと思います。

◆2回で本格的に手相を学ぶ(1回目レポ)2018/3

◆2回で本格的に手相を学ぶ(2回目レポ)2018/4

関連講座・ブログ

◆占星術を知らなくてもこの手相講座を受けられますか?

◆手相関連ブログまとめ

◆一回で分かる手相の基礎――西洋占星術から学ぶ手相の読み方2015.11札幌 

◆手相を極める――西洋占星術の理論から学ぶ手相の読み方(全5回)2013.5〜10 名古屋

講師紹介

伊泉龍一(いずみりゅういち)

占い・精神世界研究家。様々な西洋の占いを紹介している。タロット、数秘術、西洋占星術、手相など著書・訳書多数。西洋手相術の翻訳書は、西洋手相術の世界―『手』に宿された星々の言葉(駒草出版)
オフィシャル・サイト:運命の世界 http://unmeinosekai.com/