西洋占星術入門―ハウスの概念を理解する2014.4伊泉龍一先生/札幌

本格的な西洋占星術を基礎から学べます。占い方はもちろんですが、ホロスコープの仕組みから、西洋占星術の背景にある天文学的な知識まで幅広い内容を紹介していきます。
今回は「ハウス」という概念を詳しく説明するとともに、それをもとにその人が人生のどんな場面で活躍し、どんな事柄が起こりやすいかを分析していく方法を説明します。それぞれのハウスが、どうしてそう意味を持っているのかという背景となっている理論から説明していきますので、「第8ハウス=死と遺産」というような丸暗記とは異なる、それぞれのハウスの持つ意味そのものを理解することができます。それによってホロスコープのハウスの読み方を、これまで以上に深めていくことができるはずです。
また、古典の西洋占星術のハウスの概念から、現代の心理占星術のハウスの概念に理論に至るまで、幅広く紹介していきますので、すでに占星術に親しまれている方も、ぜひご参加ください。もちろん、初心者の方でも参加可能です。

リポート報告

西洋占星術入門は、1回4時間で、ひとつのテーマを集中的に勉強していきます。初回4/11は、「ハウス」。占星術がまったく初めての人には「ハウスって何?」かもしれませんね。ホロスコープを見ると、円が12に仕切られて います(下の写真を参照)。12等分じゃなくて、広いところも狭いところもありますよね。これがハウスの区切りで、1ハウスから12ハウスまで、それぞれの意味があります。皆さんは、どのハウスに太陽が入っていますか?それによって、どういうシチュエーションで最も輝けるタイプなのか、知ることができます。「ルーツや伝統を引き継ぐ」ほう、だとか、「自分よりも人のために力を使う」ほう、などなど、各ハウスの特徴を学びました。

関連講座

2014.6.13(金)西洋占星術入門【そもそも12星座とは何なのか?】【札幌】

2014.7.11(金)西洋占星術入門【惑星のシンボリズムを深める】【札幌】

2014.8.22(金)西洋占星術アドバンスコース―アスペクトを理解する【札幌】

2014.9.12(金)西洋占星術アドバンスコース―エッセンシャル・ディグニティ序論【札幌】

2014.10.10(金)西洋占星術アドバンスコース―西洋占星術のトランスサタニアンを学ぶ【札幌】