心理占星術入門―10惑星を学ぶ(全1回2017/6/10)伊泉龍一先生/京都

「現代占星術」(伝統的占星術ではなく)の最も重要な要素である10 惑星(天体)を取り上げます。 今回は10惑星を人間の心の成長段階と対応させる「心理学的」なアプローチを紹介します。それと同時に、20世紀に発展した精神分析、さらにはヒューマニスティック心理学やトランスパーソナル心理学の影響の下、占星術がどのように心理学化されたか、その背景についてもわかりやすく解説します。
まったくの初心者の方から、占星術を本などで学んでみたけれども、もっと詳しく惑星を知りたいという人もどうぞご参加ください。

(西洋占星術の10惑星とは…太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星のことをいいます)

今回のテーマ心理占星術は、20世紀に生まれたもの。2000年前の占星術は、天体観測に基づいた(当時の)自然科学、理系的なものでしたが、現代の占星術は人文学的なもの。発展してきた心理学の考え方が取り入れられて、人の心をみていくものになりました。今に合った占星術ができたんですね。

物質的に豊かになっても心が満たされない時代、「自己実現」「自己成長」というキーワードが出てきました。心理占星術では、10の惑星を人の成長段階、大人になるプロセスに重ねます。それぞれの惑星の力を、自分のものにできているかどうか。大人になる中で自然と身についていくものもあるし、なかなかクリアできないものもあります。人によって傾向があると思うのですが、もし何かに行き詰るときには、今日聞いた惑星のお話を思い出すと、何が必要かわかるかもしれませんね。いわゆる「占い」的に「運命を知る」んじゃなくて、カウンセリング的に自分を見つめなおすような占星術です。

レポート:心理占星術入門―10惑星を学ぶ2017/6/10京都

関連講座・ブログ

レポート・もっと知りたい西洋占星術―10天体を学ぶ2017/3/5【名古屋】

現代占星術のブログまとめ

伝統的占星術と現代占星術の違い

2014.10.10(金)西洋占星術アドバンスコース―西洋占星術のトランスサタニアンを学ぶ【札幌】

2014.7.11(金)西洋占星術入門【惑星のシンボリズムを深める】【札幌】