占いゼミテレーマは、伊泉龍一先生から、タロット占い・数秘術・西洋占星術・手相占い等を学べる占いスクールです。はじめての方から、プロの方のステップアップにも 対応。
名古屋,札幌,京都,大阪,広島ほか全国出張できます。

2016.2/7(日)3/6(日)午後2:00~5:00(3時間)講師:伊泉龍一先生

◆ タロット占いの方法――ウェイト版・マルセイユ版・トート版の特徴を徹底比較する (全2回2/7、3/6)


ひとことで「タロット」と言っても、実は様々な種類があります。初心者の方は、最初にどのカードを使ったらいいのか迷う人も多いでしょう。今回の講座では、なかでも特に代表的な三つのタロット(ウェイト版・マルセイユ版・トート版)を比較しながら、それぞれの特徴と違いを解説し、さらにそれぞれのカードの特性に応じた占い方やスプレッドなども紹介していきます。タロットがまったく初めての方は、自分に向いているカードを見つけることができるはずです。もちろん、すでにタロットに親しんでいる方でも、今まで疑問に思っていたことがすっきりと解決するはずです。
◆ウェイト版の小アルカナの絵の背景
◆マルセイユ版小アルカナのリーディング方法
◆トート版小アルカナと生命の木及び占星術

マルセイユ版、ウェイト版、トート版、同じ「タロット」とひとくくりにしてしまってはいけないくらい、絵が違います。なぜなのか?3種類のデッキが生まれた時代や作者からそれぞれの特徴まで、概要を教わりました。タロットが作られた目的も違います。マルセイユはゲーム用でしたが、ウェイト版・トート版は魔術系、オカルトタロット。作者の所属していた秘密結社「黄金の夜明け団」の教えが入ってますから、ウェイト版やトート版を読み解くには、カバラや占星術、錬金術の知識があることが前提なんですね。天体や星座との対応、生命の木との対応、いろんなシンボルが取り入れられていますし、占い方も「儀式的」「魔術的」、おもしろいです。

講座では、ウェイトが自身の本で紹介しているスプレッド2種類や、マルセイユ版と占星術を組み合わせたスプレッドなど、78枚のフルデッキを使った占い方をいくつか習いました。聞いただけでできるものではないですが、あとは、皆さん、実践練習あるのみですね。

関連ブログ

1回目(2016/2/7)のレポート

2回目(2016/3/6)のレポート

お問合わせ・お申込み

このフォームから送信、またはお電話でどうぞ。電話は午前9時から午後8時まで : TEL 090-8334-8782

お問い合わせ   お申し込み ※はじめにご選択下さい。

・お名前 

・E-Mail 

・電話番号(半角) 

・お住いの地域 

・開催地 

・講座名(連続講座は、すべての回を受講されるか、一部の回のみ受講か、ご記入ください)。 
 1講座名  日時

 2講座名  日時
 3講座名  日時

 4講座名  日時

 

※すべての項目にご記入下さい。

・ご質問等ございましたら、こちらにご記入下さい。
  

    

PCからのメールを受信拒否されている方は、thelema.neo@gmail.comを受信できるように設定変更お願いします。
通常48時間以内にお返事させていただいてます。
期間内に返信がない場合は、迷惑メールフォルダもご覧くださいませ。それでもなければ、お手数ですが、再度ご連絡をお願いいたします。

ご予約の方へ

e-mail thelema.neo@gmail.com
TEL:090-8334-8782 (午前9時から午後8時まで) 担当:憂城(ゆうき)ミキ

お客様からいただいたお名前、ご連絡先、メールアドレスなどの個人情報は、漏洩しないように最善の注意をもってこれを管理しております。
また、ご連絡(イベントのご案内を含む)以外での使用はいたしません。

↑ このページのトップ