惑星のペンダント

オカルト話でもりあがれる人に教えてもらったアクセサリーショップにて。

12星座と10天体を組み合わせて作れるペンダントを見つけて、水星と金星で作ってもらいました。

ほんとは、星座と惑星を組み合わせるんです(残念ながら私がほしかった星座は売切れだったので、今回は惑星だけで)。

写真のように組み合わせの意味があるんですけど、自分のホロスコープでどの惑星がどの星座にあるかに関係なく、「どうなりたいか?」で選ぶものみたい。

たとえば金星×おうし座なら「芸術的センスの発揮」、金星×しし座なら「情熱的な恋愛」とかとか、ほしいパワーを得るために。

これ、引き寄せの法則的な占星術の使い方じゃない?

ホロスコープで性格は決まっても、どう生きるかはその人次第。なんとなく先日の講座のアラン・レオの話も思いだされる感じで。

ほかにタロットモチーフのアクセサリーもあって、気になっている。。

 

西洋占星術と神智学――エソテリック占星術入門(全2回)

2回目12/10(日)
2~5時(3時間)
伊泉龍一先生
受講料:¥9,500
名古屋駅近く

初回は、長きにわたる占星術の歴史から、現代占星術のもと「神智学」の紹介、現代占星術の父アラン・レオの占星術とは、でした。

次回は、アラン・レオは惑星や星座をどんなふうに解釈していたか、です。

2回目だけでも受けたい方いらしたらご相談ください。

お問合せ・お申し込みは
お問合わせフォームからどうぞ。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA