終了◆伊泉先生のルミナリーズと惑星で「性格」を知る(全3回)2016/11/7名古屋

3回にわたる西洋占星術講座・惑星編の最終回でした。

最初に、現代占星術と伝統的占星術の、惑星の読み方の違いを教わりました。

現代なら、 土星がおひつじ座に入っていたら、おひつじ座+土星でみますよね。おひつじ座:衝動的+土星:抑制=衝動が抑えられる?

伝統だと、土星がおひつじ座に入っていたら、おひつじ座=火星のお家だから、火星っぽい土星になるし、冷たい星:土星にとって、熱い星:火星の家は居心地が悪くて調子が出ませんわーとなるんですね。12サインの意味は関係ない。

惑星編からご参加の方は、まだピンとこないかもしれませんが、ディグニティの講座を聞いていただくといいですね。前に受けてる方は、思い出されたんじゃないでしょうか。

続いて、火星&金星、太陽&月、水星の解説へ。

私自身を表す星のイメージを聞いて、皆さんはいかがでした? 私は思い当たることばかりで、笑いをこらえるの大変でした!

そして、自分を構成するのは、その星だけじゃなく。誰のホロスコープにも、もれなく7つの惑星があるから、誰でも陰気な面も、闘志も、愛でる気持ちもあるんだけれど、何が強く出るのかは、惑星の居場所次第で。おもしろいなぁと思います。

 

名古屋では今年最後の講座となりました。次はいつ?と熱望していただき、ありがとうございます。

日程は下記で決定です。詳細が決まり次第、受付しますので、もうしばらくお待ちくださいませ。

2017年はじめの予定(タイトルは仮です)

◆もっと知りたい西洋占星術―伝統的な未来予測法(プロフェクション)を学ぶ(全1回)2017/2/5(日)4時間

◆もっと知りたい西洋占星術―10天体を学ぶ(全1回)2017/3/5(日)5時間

今回は、伝統的占星術の講座でしたので、天体望遠鏡がない時代にも見えた、土星までの7天体を教わりました。現代占星術だと、天王星、海王星、冥王星も入ってきますよね。その3つは一体どんな意味?を知りたい皆さま、2017年3月をお楽しみに~

 

当校5周年にあたり、こんな素敵なプレゼントをいただきました。 お気遣いありがとうございます。

p_20161107_125850_1

来て下さる皆さまのおかげで続いています。本当にありがとうございます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました