終了★西洋占星術で運命のパターンを見る―アスペクトを学ぶ2016/7/11名古屋

4回コースの最終回は、質問タイムから。

1.生まれた時間がわからない人は、どうすればいい?

結構いらっしゃいますよね、生まれ時間がわからない方。伝統的占星術の場合は、とくに生まれ時間が重要なので、どうしたものか。正確じゃなくてもアバウトにはわかる場合、まったくわからない場合、それぞれ「こういうやりかたもできる」というのを教えていただきました。

 

2.現代占星術と伝統的占星術でハウスが変わるのを、どうすれば?

2000年前に生まれた占星術と、今ひろまっている占星術では、ハウスの考え方も違います。もともとはこうだった、それが現代ではこう変わったというところから解説していただきました。あとは、お好みでしょうか。

 

3.現代占星術と伝統的占星術でアスペクトが変わるのを、どうする?

たとえば、アウト・オブ・サイン・アスペクト。伝統的占星術でやっていくなら、まったく気にしなくていいことですが、今まで現代占星術をたくさん勉強してこられた方ほど、気になることかもしれません。

この質問への答えの中で、ハーモニック・アスペクトを、軽く教わりました。数の意味を使ってみていくのは、興味を惹かれます。もうちょっと知りたくなりました。

こちらの本の316ページから、ハーモニックのことが書かれています。初めて読んだときは「ふーん」て感じで読んでたんですけど、アスペクトの講座を受け終えた今、あらためて読んでみたら、わかりやすかった!

本をお持ちの方は、アスペクトのところ、ぜひ読んでみてくださいまし。

 

4.伝統的占星術では、複合アスペクト(アスペクト・パターン)はないの?

グランドクロスとか、Tスクエアとか、グランドトラインとか、今回のアスペクト講座では、出てきませんでした。なぜか?そういう理由だったのか~と、私はおもしろく感じました。

ここまで、けっこうな時間をかけた質問コーナーでした。皆さま、疑問は解けましたでしょうか?

 

そして最後に、実際のホロスコープでアスペクトをどう読んでいくか?を少し。何パターンかやっていただくと、よりわかりやすいので、今後の占星術講座でも、チャートリーディングは入れていただきたいと思っています。

ところで、今までアスペクトに苦しんできた皆さま、伝統的占星術でのアスペクトは、ものすっごーくわかりやすいと思いませんでしたか?

現代だと、どのアスペクトを読んでいくのかが絞られず、あれもこれもとなってわけわからんのですが、伝統はポイントが絞られている!そして、どっちの星からどっちの星をみるか、向きもあるから読みやすい。習ってよかったなーと思ってます。

 

秋講座はこちら。

基礎から学べる西洋占星術−ルミナリーズと惑星で性格を知る(全3回9/5、10/3、11/7)

午後1~3時(2時間×3回)
受講料:1回につき¥6,000
名古屋栄にて

★先生のスケジュールの関係で、11月までの3回に変更になりました。12月はありません。

★アスペクト講座を受講されていた方も、自動継続ではありませんので、個別にお申込みをお願いします。

お問合せ・お申し込みは
お問合わせフォーム
・電話090-8334-8782(朝9時~夜8時まで)

 

 

コメダ金のコーヒー

初めての金のコーヒー。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました